写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

寄稿・桐野夏生さん

 小説家になって、26年という月日が経った。小説家という仕事は、それこそ「生産性」という意味で言えば、無駄な存在だが、違和感を糧として仕事をしてきた自分たちには、また別の感受性を培ってきたという自負がある。

 私には、「何か変じゃない?」という違和感がすべてだった。

 その違和感こそが、新しい扉を開ける鍵で、別の世界を創り出すと信じて大切にしてきた。

1951年生まれ。主な作品に「OUT」(日本推理作家協会賞)、「柔らかな」(直木賞)など。近著に表現の不自由な近未来社会を描いた「日没」。

 しかし、今、その違和の質は大きく変容してきている。

 『OUT』という、主婦パートの物語を書いたのは1997年だ。

 当時は、夫がホワイトカラーという家庭で、なぜ妻はパート労働というブルーカラーになるのか、という疑問があった。

 パートは代替可能な単純労働で低賃金、景気調節の安全弁を担いもするから、労働者としては、まことに不利だ。つまり、家庭内の性別役割が税制にも反映され、そのまま主婦の労働形態になっていることへの違和であり、疑問だったのだ。

 ところが、10年後は労働市場の規制緩和により、女性だけではなく、若い男性の非正規雇用も進むことになる。

 『OUT』の取材当時、「娘の…

この記事は有料会員記事です。残り3551文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら