[PR]

 菅義偉首相は14日、新型コロナウイルスの感染拡大で仕事量が増えた病院などの医療機関への支援を拡充する考えを示した。国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の視察後、記者団の取材に答えた。

 首相は、日本医師会や日本看護協会などから看護師や医師らが応援に入り、多忙な医療現場が支えられている点を指摘した。その上で「そうした医師や看護師、派遣された方の処遇は倍増したい」と語った。

 また、病院内の除菌や清掃などで看護師の負担が増えているとして、「専門業者に政府からお願いして看護師に負荷がかからないよう、しっかり支援をしていきたい」と述べた。

 一部地域の一時停止を含む観光支援策「Go To トラベル」の運用見直しについては、「まだ決まっていない」と述べた。ただ、「分科会からは(感染状況が)『ステージ3相当』のところは、そうしたものが必要だとも提言を受けている」とも話した。