[PR]

 新型コロナウイルスの猛威が止まらないまま、新年が近づいてきた。初詣の「密」を避けるため、各地の寺社は分散参拝を呼びかけ、さらなる対策も打ち出している。甘酒の振る舞いや露店の見送り、縁起物を年内から授与――。今までとは違う姿の新春を迎えることになりそうだ。

 正月三が日の人出が全国屈指の約230万人に達する熱田神宮(名古屋市熱田区)。境内に例年約200はあった露店をなくし、参道の幅を広く確保した上で、全域で一方通行に。本宮付近にはライブカメラを設置し、ネットで混雑状況がわかるようにする。

 「新年は混雑を避け、熱田神宮には落ち着いてからお参りください」と総務部の圓藤能久さん。

 破魔矢などの授与は12月初旬から始めた。授与所に消毒液を設置し、年末年始はさらに増やす。このほか、餅配りなど一部の行事を中止する。

 全国8万社の神社を包括する神…

この記事は有料会員記事です。残り1775文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。