巨人が来季の指名打者制導入を提案 セ理事会は採用せず

有料会員記事

[PR]

 巨人は14日、セ・リーグの理事会で、来季の暫定的な指名打者(DH)制度の導入を山口寿一オーナー名の文書で提案したことを明らかにした。DH制の導入は、巨人がこれまでも主張してきた「宿願」だ。

 文書によると、来季は新型コロナウイルス感染防止策に加え、東京五輪に対応するために日程が過密になることから、選手の負担軽減などを目的にDH制が必要としている。その上で、三つの具体的根拠を挙げた。

 しかし、この日の理事会では提案は採用されず、来季の導入は見送りとなった。

 提案の狙いについて、巨人の…

この記事は有料会員記事です。残り395文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら