[PR]

 22歳といえば、フィギュアスケートにおいては、必ずしも若いとは言えない年齢だ。上の世代に挑みながら、下からの追い上げを感じる。そんな難しい立場に今、友野一希(同大)は立っている。

毎週水曜日の朝に、フィギュアスケートにまつわる話題をお届けします

 11月末のNHK杯で2位。グランプリシリーズでは過去最高の成績だったが、喜べなかった。優勝した17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)に50点近い大差をつけられたからだ。

 フリー翌日のエキシビションで行われた会場インタビューでは、自ら年齢の話題に触れて、苦笑いした。

 「僕はまだまだ若手だと思っているんですが、インタビューで僕より若い選手について聞かれて……。いつのまにか若手じゃなくなっていました」

 自身が「注目の若手」として視…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。