[PR]

 将棋の第10期女流王座戦五番勝負(リコー主催)の第5局は14日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、西山朋佳女流王座(25)が挑戦者の里見香奈女流四冠(28)を158手で破り、シリーズ3勝2敗で初防衛を果たした。女王、女流王将と合わせ三冠を堅持した。

 開幕戦を制した西山は第2局から2連敗してカド番に追い込まれたが、第4局をしのぎ、第5局は中盤からの劣勢をはね返して逆転勝ちした。終局後、西山は「幸運だった内容が多く、技術的にまだまだ足りていないと思うことが多かった。今回は苦しいと思っていたので、またこのタイトルを預かれることを大切に、糧にして頑張っていきたい」と話した。

 前期、西山に女流王座を奪われた里見は、清麗、女流名人、女流王位、倉敷藤花の他のタイトルはすべて防衛し、五冠復帰に挑んだが、かなわなかった。(村上耕司)