[PR]

 ミドリムシを使った健康食品を手がけるユーグレナ(東京)などが、「青汁」で知られる健康食品のキューサイ(福岡市)を買収することがわかった。投資ファンドなどと共同で、コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスから数百億円で全株を買い取る方針だ。健康食品事業の収益力を高めることが狙い。当初は一部の出資にとどめるが、将来的に連結子会社にする予定だという。

 「まずい、もう1杯!」のテレビCMで知られるキューサイは、東証2部に上場していたが、経営陣による自社株買い(MBO)で2007年に上場廃止になった。10年にコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの完全子会社となっていた。19年12月期の売上高は249億円。

 ユーグレナの20年9月期決算は、純損益が14億円の赤字だった。売上高の大半を占めるヘルスケア事業は1億円の黒字だったが、バイオジェット燃料の開発費がかさみエネルギー・環境事業が9億円の赤字だった。