[PR]

 スマートフォンを持つ110番通報者に事件・事故現場の状況を動画で送ってもらうシステムが、来年度から全国で導入される。警察庁が方針を決めた。現場の状況をいちはやく把握し、適切な初動対応につなげる狙いがある。

 同庁によると、110番を受けた都道府県警の通信指令室が、現場の動画が必要かどうかを判断。必要な場合、通報者の了承を得たうえで、スマホにSMS(ショートメッセージサービス)で専用URLを送り、それをクリックすると、スマホのカメラが自動的に起動。ビデオ通話が始まる仕組みだ。

 通報者は通信指令室とリアルタイムで動画を共有し、現場の状況を伝えられる。指令室が客観的に状況を把握し、臨場する警察官に、より的確な伝達をすることを目指す。(田内康介)