【対局ライブ録画】芝野虎丸王座vs.許家元八段~名人挑戦は誰が?第46期囲碁名人戦リーグ~
[PR]

 第46期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦の第1ラウンドで、14日、芝野虎丸王座と許家元(きょ・かげん)八段が対戦。許が299手までで逆転の白番半目勝ちを収め、リーグ初戦をものにした。前名人の芝野は井山裕太名人へのリベンジマッチを期してリーグ戦に臨んだが、痛い黒星スタートとなった。

 両者は10月以降に対局が集中。許が挑戦した王座戦五番勝負は芝野が最終第4局で半目勝ちして防衛したが、本局は許が逆に半目で返した。終局は午後11時39分。持ち時間各5時間と、七番勝負以外では最も長い棋戦だが、これほど遅い終局は極めて異例の激戦だった。