• アピタル

ロンドン、店内の飲食禁止 感染者急増で急きょ前倒し

新型コロナウイルス

ロンドン=下司佳代子
[PR]

 英国のハンコック保健相は14日、新型コロナウイルスの感染者が急増しているロンドンで、パブやレストランの店内での飲食を禁止するなどの厳しい抑止策を16日から始めると発表した。スタジアムでのスポーツ観戦もできなくなり、劇場や映画館も再び閉鎖される。

 ロンドンがあるイングランドは現在、感染拡大の状況にあわせて3段階の抑止策を導入している。ロンドンとその周辺地域は真ん中の「レベル2」から「レベル3」に引き上げられる。

 これまでは同居人以外と屋内で会うことは禁じられる一方、食事がメインならば飲食店の店舗での営業は認められていた。スポーツ観戦や観劇、コンサート鑑賞も人数は制限されたが可能だった。16日以降は、飲食店は持ち帰りや配達のみの営業となり、スポーツや芸術などの大規模なイベントは禁止される。

 本来、地域ごとの抑止策は2週間ごとに見直され、次の見直しは16日の予定だった。ロンドンとその周辺では7日ごとに感染者数が倍増する地区もあるなど急増しており、急きょ前倒しとなった。

 ハンコック氏はまた、ウイルスの新たな変異株の感染例が英国南部を中心に1千件確認され、英南東部での急速な感染拡大と関係している可能性があると明らかにした。変異株については保健当局が分析を進めており、「現在のところ、この変異株が重病につながると示すものはなく、ワクチンに反応しない可能性は極めて低い」と話した。(ロンドン=下司佳代子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]