[PR]

 「マスクを着けたまま参拝してもいいの?」「手水(ちょうず)舎が使えない」「鈴緒がない」――。

 新型コロナウイルスの感染防止対策で各地の神社の様子が変わり、初詣で戸惑うことがあるかもしれない。そこで、創祀(そうし)1900年を超えるとされる熱田神宮(名古屋市熱田区)に「お参りの作法」を聞いてみた。

拡大する写真・図版熱田神宮の鳥居と境内。来年の正月は例年約200あった境内露店を中止する=名古屋市熱田区

 「神社ごとに境内の規模や状況も様々で、対策や考え方も色々。それを踏まえた上で、一つの参考にしていただけたら」と、回答を寄せてくれた。

コロナ禍の初詣にまつわるQ&A

 質問(Q)マスクを着けたまま参拝すると、神様に失礼になるのでしょうか。お参りする時だけ外した方が良いのでしょうか?

 回答(A)今の世情ではやむなし

 「普段であれば、目上の方のお宅に伺い年始のあいさつをする際に、マスクはもちろん手袋・コート・マフラーなど当然着用は致しません。神様に対しても同様です。しかし、今の世情ではマスクをしたまま参拝されることはやむを得ません」

拡大する写真・図版三種の神器の一つ「草薙神剣」をまつる熱田神宮。分散参拝を呼びかけている

 Q 手水舎が使用不可でした。こまめに手指消毒しているので、そのままお参りして構いませんか?

 A 消毒は手水に当たらず

 「参拝前に手を清めるのは大切…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら