[PR]

 昨年7月の参院選をめぐり、公職選挙法違反(買収)の罪に問われた参院議員・河井案里被告(47)の論告求刑公判が15日、東京地裁であった。検察側は「前代未聞の極めて悪質な犯行で、選挙の公正さに対する国民の信頼を失墜させた」として懲役1年6カ月を求刑した。弁護側の最終弁論が23日にあり、判決は年明けになる見通しだ。

 案里議員は夫で元法相の衆院議員・克行被告(57)と共に逮捕・起訴された。裁判では現金を受け取った広島県議らが「票のとりまとめの趣旨だった」などと違法性を認める一方、無罪主張の案里議員は「(県議選の)当選祝い」などと買収の意図を否定した。

 検察側は論告で、広島県議らの証言は「議員の職を失うことにもつながりかねない、自己に極めて不利な内容だ」として十分信用できると指摘した。

 夫妻間での共謀の認定について…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら