[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に送り届けたカプセルを本格的に開封し、小さじ1杯ほどの量の黒い砂を確認したと発表した。大きいもので数ミリの粒もあるといい、色などから小惑星「リュウグウ」のものとみられるという。

 JAXAによると、この日開封したのは、1回目の着陸で採取した砂が入るエリア。重量は今後詳しく量るが、中をのぞいた沢田弘崇・主任研究開発員は「どっさりと期待を超える量が入っていて、言葉を失うほどだった」と話した。人工クレーター近くに着陸した2回目の採取分については、年明けに開封する。(小川詩織)