【動画】思い詰まった合格はちまき 防府天満宮で天日干しはじまる=藤脇正真撮影
[PR]

 「学問の神様」の菅原道真公をまつる山口県防府市の防府天満宮で15日、受験生に人気の「合格はちまき」の洗濯が始まった。雪がちらつく寒さの中、今春志望校に合格した元受験生が返納したはちまきを、5人の巫女(みこ)が一枚ずつしわをのばして天日で干した。3、4日かけて約3200枚洗い、アイロンをかける。

 「受験生頑張れ!」などと先輩からのメッセージが書き込まれたものも。希望者には無料で配っている。巫女の古谷紀梨子さん(23)は「受験を受けられる方に、お守りのように持っていただいて、無事合格されることを祈っています」と話していた。問い合わせは防府天満宮(0835・23・7700)へ。(寺島笑花)