[PR]

 2017年に神奈川県座間市のアパートで男女9人を殺害したとして、強盗・強制性交殺人などの罪に問われた白石隆浩被告(30)に対し、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)は15日午後、求刑通り死刑の判決を言い渡した。被告の弁護人は閉廷後、控訴する方向で検討していることを明らかにした。

 この日の判決は、被害者が殺害を承諾していなかったことや、犯行時の被告に完全な刑事責任能力があったことを認定した。

 弁護人によると、被告は結審後、控訴に消極的な姿勢を示していたという。弁護人は、被告の明示的な意思に反して控訴できない。被告は初公判で強制性交殺人罪などを認めたが、弁護人は法定刑が軽い承諾殺人罪を主張。被告は法廷で、弁護人に不満があるとも述べていた。

 公判の争点は、自殺願望をSN…

この記事は有料会員記事です。残り426文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り426文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り426文字有料会員になると続きをお読みいただけます。