[PR]

 日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の寺地拳四朗(28)=BMB=に対し、3カ月間のライセンス停止(1日から)、制裁金300万円、48時間以上の社会奉仕活動の義務づける処分を発表した。

 JBCによると、寺地は7月19日、飲酒後にマンションの敷地内に無断で侵入し、他人の車に傷をつけたという。車の所有者には謝罪の上、すでに示談が成立しているという。

 寺地によると、同日は友人と会い、「羽目を外して飲み過ぎて酩酊(めいてい)状態になった」という。「4カ月後に警察に呼ばれ、『マンションの敷地内に入ったか?』『そのマンションの駐車場にある自家用車の片側を、棒状のようなもので傷つけたか?』と聞かれた」と話した。酩酊して車を傷つけた記憶はなかったが、状況から行為を認めたという。

 この問題は、11月下旬に週刊誌が報じた。寺地は「(自分が)週刊誌に載るとは思っていなかった。世界王者としての自覚が、いま思えば本当に足りなかった」「自分を見つめ直し、信頼を取り戻したい。品格のある人になりたい」と話し、断酒したことも明かした。

 JBCは処分の理由について「現役の世界王者でありながら、酩酊して迷惑行為に及んだ責任は重い」としている。19日に大阪で予定された世界戦は既に中止となっている。

 寺地は昨年12月までにWBCライトフライ級タイトルを7度防衛。JBCの安河内剛事務局長はWBCに処分内容を報告したとし、「WBCの判断になるが、タイトル剝奪(はくだつ)処分には至らないのではないか」との見通しを示した。(塩谷耕吾)