[PR]

 カトリック長崎大司教区の神父から性的被害を受けたと訴えている長崎県内の女性信者が、教区トップである高見三明大司教の発言で精神的苦痛を受けたとして15日、教区に慰謝料など550万円の支払いを求めて長崎地裁に提訴した。

 長崎市内で記者会見した代理人弁護士によると、女性は2018年5月、教会の司祭館で神父に体を触られ、教区は19年8月、女性がわいせつ行為で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして賠償金を支払ったという。

 神父は今年2月に強制わいせつ容疑で長崎地検に書類送検されたが、4月に不起訴処分になった。その後、教区内の役員による会議で、高見大司教が女性について「『被害者』と言えば加害が成立したとの誤解を招くので『被害を受けたと思っている人』など別の表現が望ましい」と発言する議事録が作成された。議事録は各教会の神父宛てに送られて関係者の目に触れ、名誉を傷つけられたと女性側は主張している。

 女性は議事録の内容を知った後、体調が悪化したといい、代理人弁護士は「性被害があったことを前提にした示談にもかかわらず、その後の大司教の発言で二次被害を受けた」と説明した。教区本部事務局は「訴状が届いていないので一切コメントできない」としている。(榎本瑞希)