[PR]

 米国のセレブタレントのキム・カーダシアンさんとコラボし、注目を浴びる若手の起業家がいる。展開しているのは、海外向けに大胆に作り替えた和菓子だ。型破りな見栄えに国内では批判も起きたが、それでも、日本の職人が海外で売るための場を作るという大きな目標を掲げ、歩みを進めている。

 緑色にオレンジをあしらったリボンの箱を開けると、オレンジや黄、緑、薄いピンクなどのカラフルな琥珀糖(こはくとう)が現れた。華やかな宝石をイメージさせる色や形。一口食べると、豊潤なフルーツの香りと歯ごたえのある食感が広がる。

 琥珀糖は、三木アリッサさん(28)が2019年11月、販売し始めた「MISAKY.TOKYO(ミサキ・トウキョウ)」の商品だ。

拡大する写真・図版海外向けの和菓子を展開する三木アリッサさん

 琥珀糖は外が堅めのゼリーのような和菓子で、しゃりしゃりとする食感が特徴。実は、三木さんが和菓子を作ったのはこれが初めてだ。なぜ、米国で和菓子を売り始めたのか。

 三木さんは米国生まれの日本育…

この記事は有料会員記事です。残り1551文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。