[PR]

 政府が新型コロナウイルスの感染防止策として少人数での会食を呼びかけるなか、菅義偉首相は14日夜、都内で自民党の二階俊博幹事長やプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長ら5人以上で食事を共にした。公明党の山口那津男代表は15日の記者会見で「国民に対するメッセージ性もある。そこはよく配慮しながら、今後、検討していただきたい」と苦言を呈した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長も「政治家といえども夜の会食は感染拡大防止の対策をとり、なるべく自粛する。首相として模範となっていただくべきだ」と記者団に語った。

 一方、加藤勝信官房長官は会見で「様々な分野の方々に会い、多様な意見に触れることは、政治家にとって大変重要。個別に適切に判断されていくと思う」と強調。政府の分科会は感染リスクが高まる場面の一つとして「大人数、例えば5人以上の飲食」を挙げているが、「一律に決めていくものではない」とした。

 二階氏は会見で、「マスク会食」を実践したかを問われたが、「マスクをとらなきゃ食事できない。みんな十分注意している」と述べるにとどめた。