[PR]

 ハロウィーンの夜に偽パトカーを札幌市の繁華街・狸小路付近で無許可で走らせたとして、北海道警は15日、同市清田区の30代と40代の男を、道路運送車両法違反と道路交通法違反の疑いで札幌区検に書類送検し、発表した。2人は容疑を認め、30代の男は「過激な動画をネットで流して再生回数を上げたかった」と供述しているという。

 札幌中央署によると、2人の書類送検容疑は、10月31日午後8時5分ごろ、同市中央区南2条西5丁目の市道で、撮影用パトカーを「仮ナンバー」(臨時運行許可番号標)をつけないで運転したというもの。また、30代の男は道警の許可を得ないで道路を動画撮影に使用し、偽パトカーを運転した40代の男はその手助けをした疑いがある。

 30代の男は偽パトカーの動画を撮影し、動画配信サイトYouTube(ユーチューブ)で公開しようと計画。同市北区のレンタル会社に勤める40代の男に、「劇用車」と呼ばれる撮影用パトカーの貸し出しを頼んだ。車は車検が切れていたため、自治体が貸し出す仮ナンバーをつけて走行する必要があった。2人は仮ナンバーを取得したが、私有地の駐車場で偽造ナンバーに付け替えて撮影。30代の男の求めで、そのまま公道でも走行したという。

 40代の男は「無許可で公道を走れないとわかっていたが、少しの距離なのでばれないと思った」と供述しているという。

 30代の男が11月2日に「自分がやった」と同署に出頭した。署は両罰規定を適用し、法人としてのレンタル会社も両容疑で書類送検した。(前田健汰)