[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大下で、「事業継続力」強化にとりくむ企業が増えている。部材の調達や商品の製造を止めずに事業を続けるにはどうすればよいか。日本政策投資銀行は企業の防災力向上に向けて助言したり、優れた取り組みの企業に優遇金利で貸したりして後押ししている。

 「コロナでは事業継続と人的資源の対策がトレードオフ(両立しない状態)になっている。その中でいかに事業継続をしていくか。ディスカッションさせていただければ」

 政投銀の担当者は11月下旬、融資先向けに開いたオンラインイベントで呼びかけた。テーマは「パンデミックと事業継続」。参加した約60社はコロナ禍の影響を受けずに工場や店舗の運営を続ける方策を話し合った。

 参加企業はいずれも政投銀の「…

この記事は有料会員記事です。残り1030文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1030文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1030文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら