写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 JR西日本は16日、ICカード「ICOCA(イコカ)」の定期券の利用客が平日朝のラッシュ時を避けて乗車すれば、ポイントをつける試みを始めると正式に発表した。大阪中心部の駅で降りる人が対象で、期間は来年4月1日から1年間。新型コロナウイルス対策で密を避けるためにも、駅や電車の混雑緩和をめざす。

 関西圏の約380駅から乗車し、午前9時半~10時半にJR大阪環状線や東西線の各駅や新大阪駅、尼崎駅など計33駅の自動改札機を出ると、1回につき20ポイント(1ポイント=1円換算)をつける。ポイントは自動券売機でイコカの残高に振り替えることができ、運賃の支払いや買い物に使える。

 対象となる到着駅はいずれも午前7、8時台の混雑が激しく、大阪駅と天王寺駅は2019年の平日平均で約8万~11万人が利用している。約6割が通勤客で、そのうち9割がイコカ定期券の利用者という。通学定期券の利用者は、時間の変更が難しいとみて今回の対象からは外した。

 混雑の緩和ができれば、ラッシュ時に数を増やしている車両や駅員を減らすことができる。JR西はコロナの影響を受けた利用客の減少で経営が悪化しており、コスト削減を進める狙いもある。

 長谷川一明社長は16日の記者会見で、「ポイントの付与で、通勤時間をずらす人がどの程度いるのかをみていきたい」と話した。今回の試みの効果を分析し、将来的には時間帯別に運賃に差をつける制度の導入も検討する。(神山純一)