[PR]

 新型コロナウイルス対策で政府が「勝負の3週間」と位置づけた期限の16日、衆院内閣委員会の閉会中審査が開かれた。

 新型コロナ対策を担当する西村康稔経済再生相は「勝負の3週間の効果がなかった理由は」と問われ、「オーバーシュート(患者の爆発的急増)は免れたが残念ながら減少傾向になっていない」と結果が出なかったことを認めた。その上で、「全体としてはやっていたが、今回さらに、時間短縮の延長であったり、『Go To トラベル』(の停止)をはじめとして強い対策を講じることになった」と述べた。

 また、政府が感染防止策として少人数での会食を呼びかけるなか、菅義偉首相が14日夜、自民党の二階俊博幹事長らと5人以上で会食したことについては、「一律に5人以上はだめだと申し上げているわけではない。ぜひ感染リスクが高いことを頭に置いて対応していただければと考えている」と述べた。立憲民主党の玄葉光一郎氏、大西健介氏の質問に答えた。

「政府の一貫性なさを象徴」 吉川肇子・慶応大教授

 リスクコミュニケーションが専…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら