拡大する写真・図版破れたセーフティーネット② デザイン・米澤章憲

[PR]

 スマートフォンが震えたのは2019年5月ごろ、夜の10時を過ぎていた。大阪府東部に住む女性(67)が手に取ると、画面に「公衆電話」と浮かび上がった。

 「おかあちゃん、一晩だけ泊めてぇな」

 電話をかけてきたのは、30年来の友人だった。

 お互いの子どもが同じ年で、保育園で知り合った。一緒にバーベキューをしたり、釣りやハイキングに行ったり。一時期、同じパート先のプラスチック関連会社で働いたこともある。

 だが、しばらくぶりに聞く電話の声は、切羽詰まっていた。借家の水道が止まり、家主から追い出され、駅近くの公園などで野宿をしているという。

拡大する写真・図版母子が野宿したという公園。水道とトイレがあった=大阪府八尾市

 断ることはできなかった。まもなく、友人は息子とともに自転車をこいでやってきた。その母(57)と息子(24)はこの訪問から約9カ月後、大阪府八尾市のアパートで、ともに遺体で見つかることになる。

 女性は、訪れた2人に風呂を貸し、食事も作った。息子はぜいたくを言わなかった。「お母ちゃん、のりがあったらええやんか。おなかいっぱいになったらええ」

今年2月、大阪府八尾市のアパートで、住人の母と息子が遺体で見つかった。その2カ月ほど前、生活保護を受けていた母は市役所に保護費を受け取りに現れず、連絡が取れなくなっていた。そして、独立して働いていると思われていた息子とともに、ひとつ屋根の下で息絶えていた。悲劇なのか、自己責任なのか、それとも――。二人の足取りを追うルポの2回目。

 人心地がつくと、母はこう漏ら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら