[PR]

 スクールドッグ(学校犬)と呼ばれる犬が、京都市のある中学校にいる。生徒になでられ、話しかけられ、散歩やトイレの世話もしてもらう。学校にいる「ただの飼い犬」ではなく、全国でも珍しい役割を担っている。

 「会いたかったよ」「どうしてこんなにかわいいの」。同志社中学校(京都市左京区)の生活指導室は、10分間ある授業の合間になると、生徒たちでにぎわう。

 輪の真ん中で尻尾を振るのは4歳の雌のスー。ゴールデンレトリバーとラブラドルレトリバーの雑種だ。白くふさふさの背に顔をうずめ、生徒らは表情をほころばせた。

 スーの役割は、平日の朝から晩…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら