[PR]

 塩野義製薬は16日、新型コロナウイルスの予防ワクチンの臨床試験(治験)を始めたと発表した。国立感染症研究所などと開発を進める「遺伝子組み換えたんぱくワクチン」というタイプで、安全性と効果を確かめる。国産ワクチンの治験は、創薬ベンチャーのアンジェス(大阪府茨木市)に次いで2例目。

 対象は200人以上の健康な成人の日本人。3週間おきに2回接種する。1年間の追跡評価を行い、来年2月末からデータを取得する。その経過をみて、より大規模な治験に入る。塩野義は来年末までに、3千万人分以上のワクチンを生産する態勢を整える方針だ。

 塩野義のワクチンは、人間の免疫反応を引き出す「抗原」となるたんぱく質を増やしてつくる。英国や米国で接種が始まった米ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンとは異なる手法のものだ。すでにインフルエンザ用などで実用化されており、新型コロナでも期待がかかっている。(井東礁)