拡大する写真・図版長女乃愛ちゃんの額に「小」と書いてお宮参りした原真由さん(左)と大樹さん=大阪市住吉区、滝沢美穂子撮影

[PR]

「まだまだ 勝手に関西遺産」

 京都の神社に昨年、長男のお宮参りに出かけた。控室で待っていると、京都市出身の私の父親が、うとうとしている長男の額に口紅で「大」の文字を書いた。

 「そういえば、そんなしきたりがあったな」と思い出した。実家でアルバムをめくると、祝い着を着て祖母に抱っこされた私の額にも、「小」の文字が赤く書かれていた。関西に縁のない友人に長男の写真を見せたが、「初めて知った」と物珍しそうだった。

 佛教大の八木透教授(民俗学)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら