[PR]

 新型コロナウイルス対策について議論した16日の衆院内閣委員会では、感染対策をめぐり、政府が国民に示したメッセージと、菅義偉首相の言動がちぐはぐになっていることが取り上げられた。とくに菅首相が多人数で会食したことには、野党から「どっちなんだ」との批判が出た。

 首相は14日夜、都内のステーキ店で自民党の二階俊博幹事長ら5人以上で会食した。政府の新型コロナ対策分科会は「5人以上の飲食では、飛沫(ひまつ)が飛びやすくなる」と国民に注意を呼びかけており、野党側は政府の認識をただした。

 新型コロナ対策を担当する西村康稔経済再生相は「一律に5人以上はだめだと申し上げてはいない。強制力があるわけでもない」とし、「できるだけ(国民に)控えていただきながら、もしどうしてもされる場合には感染防止策を徹底してと申し上げている」と首相を擁護した。

 立憲民主党の大西健介氏は「メッセージが不明確だから混乱が出ている。国民はどっちなんだとなる」と指摘した。

 同党の安住淳国会対策委員長も記者団に「国民に自粛を呼びかけている間に高級ステーキを食べて、自分たちは盛り上がっている」と批判した。

 内閣委の質疑では、首相が11…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら