[PR]

 化粧品大手ディーエイチシー(DHC、東京)の公式オンラインショップのサイトに、同社の吉田嘉明会長名で在日韓国・朝鮮人に対する差別的な内容を含む文章が掲載されている。同社は掲載の意図を問う取材に「回答することは特にございません」としている。

 文章では、DHCのサプリメントが他社製品より優れていると主張する中でライバル企業のサントリーの名を挙げ、「商品の見栄をよくするために有名なタレントを多用して、多額のお金を使っている会社より良心的だと思いませんか」と訴え、在日韓国・朝鮮人への差別的な言葉を使った。CMのタレント起用についてもサントリーを引き合いに、「DHCは起用タレントをはじめ、すべてが純粋な日本企業です」と記載した。文章は画像形式でアップされている。

 文章は「2020年11月」の日付だったが、16日になってツイッターで取り上げられ批判が拡散した。

 ツイッターでは「平気で差別する土壌が社会にまだありますよ、ってことよね?」「合理的な理由なく、他者をおとしめる目的だけの発言に見える」「多様化社会に一切理解のない人間が代表だなんて」などと批判するコメントの一方で、「日本人に対するヘイトに対して声をあげてください。じゃないと平等ではないです」と批判に反発するものもあった。

 サントリー広報部は16日、朝…

この記事は有料会員記事です。残り553文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り553文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り553文字有料会員になると続きをお読みいただけます。