西武鉄道、市街地の駅も無人化を検討 デジタル技術活用

有料記事

木村聡史
[PR]

 西武ホールディングス(HD)がデジタル技術を駆使した鉄道駅の無人化に向け、具体的な検討を始めたことがわかった。後藤高志社長が朝日新聞のインタビューに応じ、デジタル化に力を入れて将来的に市街地の駅で実現させる構想があると明らかにした。

 ホームドアなど安全面の対策を十分に施し、デジタル技術や人工知能(AI)、ロボットなどを活用して駅内の省人化や無人化につなげる。

 乗降客が少ないローカル線ではなく、市街地の駅の無人化をイメージしたもので、後藤社長は「完全になるかは別にして、安全安心を担保した上で、駅の無人化がどこまで可能かチャレンジしていく」と述べた。

 西武鉄道沿線の各駅に配置す…

この記事は有料記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。