若い町長が続々誕生、北海道南部で何が起きているのか

有料記事

三木一哉
[PR]

 北海道南部の渡島、檜山地方で30~40代の町長が相次いで誕生している。町長選の対抗馬は現職や現職の「後継者」で、別に大きな問題を起こしたわけでもなかったのに、若い新顔候補に敗れた。この地で何が起きているのか。

 北海道内144町村のうち30~40代の町長は7人いるが、4人が道南部に集中している。4町とも漁業が主な産業という小規模な町だ。

 10月にあった森町長選で、初当選を決めた岡嶋康輔氏(41)の事務所は勝利の喜びに沸いた。3期目を目指す現職と元町幹部職員という2人の候補者に対し、岡嶋氏は隣の八雲町出身のコンビニ経営者で、町議経験もなかった。

 選挙戦では町の魅力や観光資…

この記事は有料記事です。残り1216文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。