[PR]

 政府は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イベント支援策「Go To イベント」と商店街を支援する「Go To 商店街」について、今月28日から来年1月11日まで全国で停止すると発表した。また、すでに同期間の停止を決めていた「Go To トラベル」について、急に感染が広がっている広島市への旅行は先行して停止することも決めた。

 「イベント」事業では、対象となるイベントのチケットを買うと、1回2千円を上限に購入価格の2割分の割引やクーポンが得られる。経済産業省によると、一時停止期間の28日から来年1月11日に開かれるイベントについて、23日以降に発売されたチケットは割引などの対象外とする。すでに購入済みのチケットやオンラインで参加できるイベントのチケットは引き続き割引の対象となる。

 「商店街」事業は、停止期間中に商店街で開かれる補助対象のイベントは延期か中止とする。商品開発などの支援は続ける。

 また、「トラベル」事業の広島市の除外については、国土交通省によると、広島市を目的地にする旅行は、16日から新規の予約を停止し、既存予約分は24日の出発から割引の対象外にする。広島市に住む人の旅行も自粛を要請する。

 27日までに広島市を発着する旅行のキャンセルを26日までに申し込めば、キャンセル料はかからない。事業者には、旅行代金の35%分を補償するという。(新田哲史、贄川俊