[PR]

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の設置許可取り消しを命じた4日の大阪地裁判決について、国は17日、判決を不服として大阪高裁に控訴した。

 判決は、原発の耐震設計の根幹となる「基準地震動」を決める際に使う計算式をめぐり、原子力規制委員会が内規で「(計算式の持つ)ばらつきを考慮する必要がある」としているのに、審査の中で考慮せずに許可を与えた、と指摘。「看過しがたい過誤がある」などとして許可を違法と判断した。東京電力福島第一原発事故後に原発の設置許可取り消しを認めた司法判断は初めてだった。

 規制委の更田豊志委員長は9日の定例会見で、判決について「(審査で)ばらつきの考慮はしている。何らの過誤も欠落もなかったと考えており、その判断に自信を持っている」と述べていた。