[PR]

 末期がんだった北海道帯広市の大淵美和子さん(当時78)に死が迫ったのは、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出ていた今年4月末のことだった。「奇跡」は、そのとき起きた。

 昨年9月、地元病院の男性医師が告げた。

 「年で抗がん剤も打てないし、入院しても寝ているだけ。どうしようもなくなったら緩和ケアにでも入ったら」

 末期の胃がん。「あと1、2カ月。今年は越せない」。冷たい言葉の響きだけが、付き添った長女(47)の耳に残っている。

 その日から、美和子さんはシーツすら敷けぬまま倒れ込んだベッドから起き上がれなくなった。

 チェロが趣味で、日常に花や芸術を添えて、生活を少しだけ美しく、豊かにする喜びを教えてくれた母。病床の母の目は、まるで人とは思えないほど真っ黒に見えた。

 何日かして、前触れもなく、寝室から叫び声がした。

 「どうしても、もう少し生きたい」

 美和子さんの医者への不信感は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら