[PR]

 長野県佐久市臼田の歯科医師村山統一さん(50)方で14日に木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から子ども4人の遺体が見つかった火災で、1階のストーブ付近が激しく燃えていたことが17日、捜査関係者への取材でわかった。県警は火元の可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、亡くなったとみられる村山さんの息子(10)、一緒にいた村山さんの妻の友人で30代女性の8歳と6歳の息子と娘(3)は2階で寝ていたとみられる。女性とその息子(1)は避難して無事だった。村山さんは当時県外にいた。妻も仕事で出張中だったという。近所の住民によると、村山さんは息子を預けていたと話していたといい、県警は当時の状況の確認を進めている。

 佐久署によると、この火災で村山さん方延べ約114平方メートルと、延焼した西隣の木造一部2階建て住宅延べ約119平方メートルが全焼。南隣の住宅も壁が焼けた。