[PR]

 国の「核のごみ(原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場選定への「文献調査」が始まった北海道寿都町の町議会で17日、調査に異論を唱える町議による「核抜き条例」の提案が否決された。条例案は、今後選定プロセスが進んだとしても、核のごみの受け入れを拒否する狙いがあったが、調査容認派は「今後の議論と判断の機会を十分に残すべきだ」と反対した。(伊沢健司、佐久間泰雄)

 条例案は町議4人が共同で提出。核のごみを持ち込ませないことや、研究施設などを受け入れないことを町に義務づける内容だった。処分場の選定プロセスで文献調査に続く「概要調査」「精密調査」に進む前に、住民投票を実施することも盛り込んだ。

 17日の町議会定例会での審議で、提出者の一人の幸坂順子町議は、片岡春雄町長が「肌感覚で町民の賛成が多い」として文献調査に応募したことに触れ「百歩譲って(文献調査への)賛成が多いとしても、賛成派も反対派も一致することがある。それは、核のごみを持ってくるのをよしとしないことだ」と述べた。

 一方、条例案に反対する町議は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら