[PR]

 いじめなどで心に傷を抱えた生徒が、集団で踊る「群舞」を通じて自信を取り戻している。愛知県扶桑町の私立誠信高校3年の増田美咲さん(18)は、その一人。学校の垣根を越えて活動し、後輩たちを引っ張るようになった3年間とは。

 「ひだり、みーぎ」「うーえっ、しーたっ」

 昼休みの柔剣道場で、増田さんの声が響いていた。誠信高の群舞サークルのリーダーを務め、振り付けなどを指導している。

 「踊ると、自分らしくいられるんです」。練習後、群舞の魅力について聞くと、こう答えた。

 以前は学校を休みがちな生徒だった。

 きっかけは、小学3年だった頃の授業。間違った答えを言ったところ、「そんなこともわからないの」と、同級生たちにからかわれた。

 「学校では間違ったらいけない…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら