[PR]

 大看板そろい踏み――。大阪落語祭が開幕し、大阪松竹座(大阪市中央区)に上方落語を代表する落語家8人がずらりと並んだ。

拡大する写真・図版桂文枝=2020年12月、大阪市中央区の大阪松竹座

 1日にあった口上。「夢の共演です」と、司会で「最若手」の桂米団治(61)が述べると、上方落語協会の笑福亭仁智(じんち)会長(68)は「明るい来年を迎えられるよう、いいひと月に」。笑福亭鶴瓶(68)は「このメンバーの独演会に絶対に行ってください。絶対面白い」と強調してから「でも早いとこ行かないと」と笑いを誘った。

 桂文珍(72)は「マスク、手…

この記事は有料会員記事です。残り358文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り358文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り358文字有料会員になると続きをお読みいただけます。