[PR]

 ロシアの組織的なドーピング問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は17日、ロシア側の異議申し立てを棄却し、2022年12月16日までの2年間、ロシア選手団は主な国際大会に出場できないと裁定を出した。これで、ロシア選手団が来夏の東京と22年北京の両オリンピック(五輪)・パラリンピックに出場できる可能性はほぼ消滅。厳しい審査を通った選手が、個人資格で出ることしかできなくなり、ロシア国旗の掲揚や国歌斉唱なども禁じられる。

 世界反ドーピング機関(WADA)は昨年12月、ロシアがドーピングを隠すために検査データを改ざんしていたと認定。東京五輪など、4年間の主要国際大会からロシア選手団を除外する処分を科した。ロシア側が不服とし、判断はCASに持ち込まれた。今後、ロシア側はスイス連邦裁判所に訴えることもできるが、CASはスポーツの最高裁という位置づけで裁定が覆る可能性は低い。

 国際オリンピック委員会(IOC)は16年リオデジャネイロ五輪では自ら判断をせず、各競技の国際団体に出場の可否を委ねていたが、今回は従う見通し。18年4月から導入されたWADAの規定により、大会を主催するIOCや国際パラリンピック委員会(IPC)は原則としてWADAの判断を順守する義務が生じる。(ロンドン=遠田寛生)