[PR]

 降り続く大雪の影響で、新潟県内は17日、各地で大きな混乱が生じた。高速道路では約1千台もの車が立ち往生を余儀なくされた。鉄道の運休や停電も。気象台は、今後も大雪の危険性があるとして注意を呼びかけている。

 新潟地方気象台によると、17日午前1時までの県内の24時間降雪量は、津南町で56センチ、妙高市で44センチ、湯沢町で39センチなどを観測した。

 大雪をもたらした強い冬型の気圧配置は、いったん弱まった後、18日夜から19日にかけて再び強まる見込み。20日までの24時間降雪量は、山沿いの多い地点で70センチの見通し。特に19日は上・中越の山沿いを中心に大雪の恐れがあるという。

 県によると、大雪で県内では17日に1人の負傷が確認された。15日以降の負傷者は計12人となった。雪下ろし作業や、除雪機に巻き込まれる事故が多い。雪の重みで農業用ハウス1棟が損壊する事故もあった。

 高速道路は、関越道の湯沢IC(湯沢町)付近で17日朝から上下線とも通行止めが続き、約1千台の車両が立ち往生した。上信越道でも17日未明から通行止めに。NEXCO東日本が食料などを車内の運転手向けに配ったほか、救援のため、県が同日午後、自衛隊に災害派遣を要請した。

 鉄道は、JR上越線が長岡―水上(群馬県)の上下線で運転を終日見合わせた。18日午前も見合わせるという。

 雪による停電は、16日から17日午前11時40分までに、長岡市や上越市、十日町市などで計3860戸に及んだ。同日午後6時20分時点でも約50戸が停電のままだという。

 県教育委員会によると、南魚沼市内の小学校と中学校の計5校が休校した。湯沢町でも、小中計2校が授業時間を短縮した。積雪でスクールバスが運行できなかったことなどが原因だという。

     ◇

 北日本から東日本の日本海側を中心に、雪が降り続いている。気象庁によると、18日午前6時までの24時間で、新潟県の十日町市で31センチ、魚沼市で17センチ、群馬県みなかみ町で15センチの雪が降った。積雪の深さは、十日町市で133センチ、みなかみ町で192センチとなっている。

 18日日中は冬型の気圧配置は緩むが、18日夜から20日にかけて北日本や東日本の上空に再び強い寒気が流れ込み、再び大雪となる見込み。18日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、東北と北陸の多いところで40センチ、関東甲信で30センチ。19日午後6時までの24時間では、北陸で60~80センチ、東北で50~70センチ、関東甲信で40~60センチの降雪が予測されている。

立ち往生の車内 定期的に排気口周りの除雪を

 高速道路で立ち往生に遭ってしまった場合の対処法は? 日本自動車連盟(JAF)の担当者に聞いた。

 JAF新潟支部事業課の藤原修…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら