[PR]

 自民党は、安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に開いた夕食会の費用を安倍氏側が補塡(ほてん)していた問題をめぐり、東京地検特捜部の捜査に一区切りがついた段階で、安倍氏が国会で一連の経緯について説明する機会を設ける方向で調整に入った。早ければ年内に実施することも想定する。

 自民党関係者が明らかにした。野党は衆参予算委員会の閉会中審査を開いて、安倍氏を招致することを求めている。一方、自民党は議院運営委員会の理事会で安倍氏が説明することなどを想定。安倍氏が自ら国会で一定の説明をすることで、世論の批判をかわしたい考えだ。