[PR]

 現在開催されている日本の主要マラソン大会で最古の歴史を持つ、びわ湖毎日マラソンが来年2月28日に開かれる第76回大会で終了することになった。18日までに大会関係者が明らかにした。

 びわ湖毎日マラソンは大津市の皇子山陸上競技場発着のコースで開催されており、近年は五輪や世界選手権の男子代表選考会を兼ねていた。最近は同じ時期に開催される東京マラソンに有力選手が集中することなどから、大会運営が苦しい状況にあった。

 びわ湖毎日が終了することで、代表選考会は2011年に市民マラソンとしてスタートした大阪マラソンが引き継ぐ方向で、例年秋に開催されている時期も含めて検討されている。

 びわ湖毎日は、1946年に全日本毎日マラソン選手権として大阪で始まった。62年の第17回大会から主に琵琶湖畔で開催されるようになった。