[PR]

 ロシアの組織的なドーピング問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は17日、代表チームとしてのロシア選手団を2022年12月16日までの2年間、主要国際大会から除外する裁定を発表した。世界反ドーピング機関(WADA)が求めた4年間からは短縮となったが、ロシアの検査データ改ざんや隠蔽(いんぺい)などを非難し、判断した。東京オリンピック(五輪)・パラリンピックや、22年北京冬季大会、同年のサッカー・ワールドカップ(カタール)などが対象となる。

 厳しい審査を通った選手のみ個人資格での出場が認められ、ロシア国旗の掲揚や国歌斉唱なども禁じられる。一方でユニホームに国旗の色の使用や、国名が入ることは認められた。

 裁定を受け、WADAのバンカ委員長は「ドーピング関連で、国に科した最も重い処分。画期的なケースで勝利でき、うれしい」。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)のブハノフ事務局長代行は不公平と指摘しつつも、選手が大会に出場できる道は残り「重要な判例。ロシアの勝利だ」と評価した。

 国際オリンピック委員会(IO…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら