【動画】大雪の関越道で立ち往生する車=吉山健一郎撮影
[PR]

 大雪の影響で多数の車が立ち往生した関越道では、17日夜以降に除雪作業や車の移動が進み、18日朝に下り線は解消した。ただ、上り線にはなお多数の車が残っており、NEXCO東日本によると、同日正午時点で約1千台に上るという。

 同社によると、関越道では、17日朝から小出インターチェンジ(IC、新潟県魚沼市)―水上IC(群馬県みなかみ町)の各所で立ち往生が発生。同社は同日夜以降、この区間を通行止めとし、除雪作業や最寄りのICへの車の移動などを進めた。

 その結果、下り線では18日午前5時40分に立ち往生が解消した。しかし、上り線は正午時点で、小出IC―塩沢石打IC(新潟県南魚沼市)に約1千台が残っているという。

 通行止めは上下線の小出IC―月夜野IC(群馬県みなかみ町)で続いており、解除は上り線の立ち往生が解消し、除雪作業を終えた後になるという。