[PR]

 フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラーの木村花さん(当時22)が、ネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受けた末に自ら命を絶った事件で、警視庁は17日、中傷コメントをツイッターで書き込んだとして男を侮辱容疑で書類送検した。ネット上でのこうした書き込みは後を絶たない。デマを流されて20年以上被害を受けているお笑い芸人のスマイリーキクチさん(48)にその深刻さを聞いた。

 ――どんな被害でしたか

 1999年、所属事務所のホームページに「死ね」「逃げ切れると思うなよ」という書き込みがあふれました。突然のことでした。高校生の頃に起きた殺人事件について、私が犯人だという内容でした。当時、逮捕された人物は少年で、報道で氏名は出ていませんでした。地元が近く、年齢も近いため、私がその少年だと決めつけられました。

 ――書き込みを最初に見た時のお気持ちは

 怒りはなかったですね。現実離れしていて、馬鹿馬鹿しくなりました。

 ――どうされましたか

 事務所と相談して否定しました。否定すれば終わると思っていましたが、次は「火のないところに煙は立たない」「死んで証明しろ」「死ねば許してやる」と書き込まれました。

 書き込みは全て匿名でした。何…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら