[PR]

立憲・枝野幸男代表(発言録)

 (新型コロナウイルスに感染した)患者が増えること自体を止め、減らしていかない限り、医療の崩壊状態はますます悪化する。相当程度の強いブレーキを踏まなければ、新規感染者の数を減らすところにはなっていかない。現状の高い水準が継続するだけでも医療はもたないという状況だ。

 感染拡大のひどい地域、医療が逼迫(ひっぱく)あるいは崩壊状態にある地域、具体的には東京周辺や大阪周辺、北海道の感染拡大地域、愛知県、福岡、広島など、大変な状況のところが各地に出ている。地域を限定してでも緊急事態宣言に踏み切ることを政府として真剣に検討し、1日遅れればそれだけ医療が厳しい状況が深刻化するという危機感をもって、地域をしぼったなかでの緊急事態宣言を一刻も早く決断するよう政府に求めたい。(18日、国会内で記者団の取材に)