[PR]

 NTTドコモは18日、高速移動通信方式「5G」の大容量プランの料金を1千円下げると発表した。来年4月から月6650円とし、データ容量は現在の100ギガバイト(GB)から無制限に変える。いま主流の「4G」の大容量プランも値下げするが、料金差はほぼなくなり、5Gへの移行を加速する狙いだ。

 菅政権の発足以来、大手3社で既存のメインブランドの値下げを発表したのは初めて。ライバルの5G大容量プランより約2千円安くなる。KDDI(au)とソフトバンクはドコモの出方を踏まえて対抗する方針で、今後メインブランドでも値下げ競争が本格化する可能性がある。

 ドコモの今の大容量プランは、5Gがデータ容量100GBで7650円、4Gは30GBで7150円。4Gについては、60GBに増やした上で600円下げ、6550円とする。5Gと4Gいずれも、データ使用量が月3GB以下だった場合には、自動的に1500円割り引く仕組みも入れる。

 ドコモは今月3日、20GBで2980円の新プラン「アハモ」を発表。若者を狙い、手続きはネットのみとした。今回のプランは全国のドコモショップでも受け付ける。アハモと違い家族割引も適用される。