[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に開いた夕食会の費用を安倍氏側が補塡(ほてん)していた問題で、安倍氏は18日、国会内で記者団に「検察の捜査が終わった後に誠実に対応したい」と述べた。国会招致についても前向きな意向を示した。

 この問題を巡っては、野党側が安倍氏の国会招致を強く求めている。自民党も東京地検特捜部の捜査に一区切りがついた段階で、安倍氏が国会で一連の経緯について説明する機会を設ける方向で調整をしている。 一方、加藤勝信官房長官は同日の会見で「前総理の政治活動に関することであり、政府としてコメントするのは差し控えたい」と述べるにとどめた。