[PR]

 安倍晋三前首相側が「桜を見る会」前日の夕食会の費用を補塡(ほてん)していた問題をめぐり、自民党が安倍氏の国会招致を検討していることについて、立憲民主党の安住淳国対委員長は18日、「総理を辞めて3カ月後に東京地検特捜部の捜査対象になっている。虚偽答弁がずっと残ることになったら、憲政史上の汚点だ」と批判。「責任の重さを考えれば、今年中に実現するのが当然のことだ」と述べ、年内の安倍氏の予算委員会への参考人招致を求めた。

 自民党は、東京地検特捜部の捜査に一区切りがついた段階で、安倍氏が国会で一連の経緯について説明する機会を設ける方向で調整をしている。ただ、議院運営委員会の理事会など非公開の場の可能性もあり、安住氏は「最低限、国民の皆さんが生でその一挙手一投足を見られる形にしなかったら国会に来る意味がない」と指摘。「そんなことやったら、火に油を注ぐことになる。ステーキ以上に厳しいことになると思いますよ」と述べ、菅義偉首相が高級ステーキ店での多人数の会食をして批判されていることを引き合いに出し、自民党を牽制(けんせい)した。