[PR]

 阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オーリテイリングは18日、兵庫県三田市にある百貨店「三田阪急」を2021年夏~秋をめどに閉店すると発表した。コロナ禍で売り上げが大きく落ち込み、今後も回復の見通しが立たないため。同社が新型コロナウイルスの影響で百貨店を閉めるのは、今回が初めてという。

 三田阪急は05年9月、JR三田駅に隣接する商業施設の2階で開業。売り上げは07年をピークに減少傾向が続き、20年3月期は13億6400万円だった。従業員51人は別の店舗に配置転換する。